« いろいろ | トップページ | インタヴュー »

映画談義

サイト責任者のグリペンさんと一緒に、川崎チネチッタで上映中の「機動戦士ZガンダムII 恋人たち」を観賞。

前作と比べると格段にいい出来だった。(個人的な感想だが)

テレビの画像と新しい画像の解像度の差を「エイジング」という手法でクリアしているのは前回と同じだが、今回のほうが、新旧画像の使い分けがうまく機能しているように感じた。

メカとしては、最後に登場した、ガザCがよかった。

前半はフォウ、後半はサラが中心となって的が絞れたので、見やすかったのかもしれない。
次回はハマーンが中心なのか?

ガンダムにはさほど詳しくないので、適宜、グリペンさんに解説してもらいながら楽しんだ。

次回作も楽しみだ。

***

前に日記に書いたが、高校生のMさんの取材原稿が届いた。
かなりいい出来だ。
読んでみると、自分の人生観がそのまま出ていて、逆にいろいろなことを再認識させられた。

近々、日記に掲載、もしくはリンクを貼りますので、乞う御期待。

***

12月は見たい映画が目白押し。

まず、「イントゥ・ザ・サン」は、久々のセガール映画なので必見。
それから、「Mr.&Mrs.スミス」もイチオシだろう。
最後に、ピーター・ジャクソン監督の「キング・コング」も行かないとな。

例年、師走は映画づくのだが、今年はたくさんあるねぇ。
忘年会と映画鑑賞で仕事が手に付かなくなりそうだ・・・。

|

« いろいろ | トップページ | インタヴュー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/7299385

この記事へのトラックバック一覧です: 映画談義:

» 映画「イントゥ・ザ・サン」ミンク/監督 [スチャラカランナーの日々]
 「イントゥー・ザ・サン」観てきました。  監督のミンクという人はまったく知りませんが、ようするにスティーブン・セガールの映画です。  大沢たかお、寺尾聰、伊武雅刀、豊原功補、栗山千明(冒頭でちらり程度せりふなし)など多数。一応日本人の役はおおむね日本人がやっていたようです。日本語で話すシーンなどはちゃんとしたイントネーションの日本語でした。  ストーリーは、スティーブンセガール演じる主... [続きを読む]

受信: 2005年11月26日 (土) 15時28分

« いろいろ | トップページ | インタヴュー »