« 未来の活字文明 | トップページ | ポストモダンの歩道橋 »

ツルツルの後頭部

人生には何度か「ここ一番」というチャンスが巡ってくる。
そういうチャンスをきちんとものにする人と、取り逃がす人がいる。
チャンスの神様には前髪しかないから、こちらに向かってくる寸前に掴まないと、ツルツルの後頭部を手で撫でるだけだ、という話があるけれど、たしかに、「あ、もうツルツルだ」と感じる瞬間ってあるよね(笑)

ここのところ、チャンスというチャンスは巡ってこないが、次回、チャンスの神様がやってきたとき、オレはしっかりと前髪を掴むことができるだろうか。
それとも、また、ツルツルの後頭部を虚しく撫でるはめに陥るのか。

オレは、今、日夜、「集中! 集中!」と呟きながら、素早い手の動きで前髪を掴む練習を重ねている・・・。

***

結婚記念日だったので渋谷のセルリアンホテルの金田中草でK妻と食事をした。
金田中は高い料亭だが、「草」が付くと安くてカジュアルな創作和食になる。
サービスも味もグッドであった。

K妻は終始元気がなく、貧血も酷いので、ちょっと心配である。
早くよくなってくれればいいが。

|

« 未来の活字文明 | トップページ | ポストモダンの歩道橋 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/6802919

この記事へのトラックバック一覧です: ツルツルの後頭部:

« 未来の活字文明 | トップページ | ポストモダンの歩道橋 »