« 熱狂 | トップページ | 新聞も »

2011年、テレビの旅

2011年にアナログテレビが終わってすべてデジタルになるそうな。

以前、ホリエモンが「テレビはインターネットに道を譲る」というような発言をしたとき、フジテレビの会長さんが「絶対にそんなことはない」と断言していたのが印象的だった。

最近、オレはほとんどテレビを見ない。
どのチャンネルをつけても、毎日、相変わらず同じ顔ぶれのタレントたちが、あーでもない、こーでもない、と内輪の井戸端会議に明け暮れていて、しまいには、われわれがどういう行動をとるべきかについてまで「指導」してくれるので、たまらず、ケッ、と舌打ちをしてDVDの映画に切り替えたり、パソコンの画面でインターネットにつないだりしているのだ。

大リーグ中継やニュースや(一部の)ドラマは見るのだが、あとは、地球大自然系の番組くらいしか見ない。

だとしたら、そういった番組がインターネットTVで見られるようになれば、おそらく、地上デジタル放送もいらなくなるにちがいない。

つまり、オレというちっぽけな個人の行動パターンは、フジの会長ではなく、ホリエモンの予言通りになりつつある。

もちろん、これから先どうなるかはわからないし、民放も「タレント垂れ流し番組」を反省するかもしれないが、これだって、ようするに「既得権益」の問題にすぎないから、道路関係のファミリー企業がなくならないのと同様、民放各社に深く入り込んだタレント事務所の権益もテレビという媒体そのものが危うくならないかぎり消えることはないだろう。

オレは、もちろん、その既得権益こそが、テレビを滅ぼし、インターネットが取って代わると考えているのだが。

そして、もし、インターネットが、巨大化したテレビ放送を「呑み込む」としたら、その絶好のチャンスは2011年に来るわけだ。

家族の多い家庭は、ちゃんと機械を買って、地上デジタル放送に移行するだろうが、独りでアパートに棲んでいるような人たちは、どうするだろう。

2011年に、インターネットが、既存のテレビの中で「必須」とされている情報と同等のものを提供できるようになったら、インターネットの勝ちだ。

少なくとも、オレが高い機器を購入してまでテレビを見続けるとしたら、これからの6年間に、見て価値のある番組が増えるしかない。

タレント垂れ流し番組を減らして、もっと面白いドラマやニュースや動物番組なんかを増やしてほしい!

オレのような人間が、テレビからインターネットに乗り換えることがないように・・・。

|

« 熱狂 | トップページ | 新聞も »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/6221765

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年、テレビの旅:

« 熱狂 | トップページ | 新聞も »