« つながった | トップページ | ルネサンス人 »

ヴァイキング襲来

昨夜はざあざあと雨が降り続いていたが、夕食にレストランを予約しようとしたら、お目当ての「ルー」という西洋料理の店が満員なのだと。

今はシーズンオフで客も少ないので、わが耳を疑ったが、どうやら本当らしい。

別のレストランに変えたが、行きがけにルーの前を通ると、北欧のヴァイキングの末裔と思しき連中がレストランを占拠していた。
どうやら団体さんらしい。

このリゾートは、Tanjung Rhuといって、今回が二度目なのだが、団体客はみかけたことがなかったので、少々驚いた。

言葉を聴いていると、英語でもフランス語でもドイツ語でもないことはわかるが、何語なのかは不明。

今朝、海岸をぞろぞろと行進して、数隻の船に乗り込んで沖に消えたから、やはりヴァイキングだったのだろう。
(魚と鷲の餌付けツアーだってさ)

|

« つながった | トップページ | ルネサンス人 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/6499592

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイキング襲来:

« つながった | トップページ | ルネサンス人 »