« 更新情報 | トップページ | 幽霊会社? »

雰囲気読めよ

「シュレ猫探偵団」と「鬼愛」のアクセス数を比べてみると、約2.5倍の開きがある。
どちらが多いかといえば、オレの予測に反して、「鬼愛」のほうがはるかに多いのだ。

シュレ猫のほうは直リンクしている。それに対して、鬼のほうは名前だけ公表して、当初は誰も辿り着けなかったはずなのに、なぜ、鬼のほうがアクセスが多いのだろう。

オレの心の中ではシュレ猫は純エンタテイメントで鬼は純文学という位置づけなのだが、ふつう、エンタテイメントのほうが読者数は多いはずだ。

それとも、鬼のほうが大人向けで、シュレ猫のほうは対象年齢が低いからだろうか。リアルさに差があるからだろうか。

だとしたら、オレの書く科学書も、面白く工夫したものよりも、もしかしたら大人向けの思想書に近いもののほうが売れるのだろうか。

そういった読者の反応を一切読んで書かないから、オレの本は「編集者受け・玄人受け」だけして、一般に拡がらないのかもしれないな。

でも、正直いって、場の雰囲気を読むのが下手なんだよ、オレは・・・。うーむ。

|

« 更新情報 | トップページ | 幽霊会社? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/6388939

この記事へのトラックバック一覧です: 雰囲気読めよ:

« 更新情報 | トップページ | 幽霊会社? »