« 牙 | トップページ | 時事雑感2 »

時事雑感1

阪神タイガースの優勝おめでとうございます。
オレの周囲にも阪神ファンは多い。
たとえば(お華の)利Q師匠なんか熱狂的な阪神ファンだよね。

阪神といえば、例の村上ファンドが話題になっているが、個人的にああいう人は好きじゃない。
一所懸命にモノを作っているような人とか、人を感動させてくれる人、ようするにいい汗かいてる人は好きだけど、マネーゲームの人たちは、他人の褌で相撲とってるような感じがして嫌だ。
良し悪しの問題じゃない。好き嫌いの問題だ。

いずれにせよ、自分の褌で相撲とる人が減れば、国は滅ぶと思うよ。

おっと、ファンドの話なんかどうでもいいんだ。

オレの目下の関心は「ファン心理」にある。
以前、茂木健一郎が、酒を呑みながら、
「ボクは野球そのものが好きだから、依怙贔屓せずに観戦する。いいゲームを観たいんだ」
と言っていて、オレは、
「そんなのありえないだろう。野球ファンテェやつは、相手の選手に砂で目潰しくらわせようが、審判の目を欺こうが、とにかく贔屓のチームが勝てばいいんだよ。一心同体だからな」
と反論したことがあった。(細かい言い回しは不正確です。念のため)

さすがに観客がレーザー光線で敵のピッチャーの目を痛めちゃうのはマズイと思うが、基本的に、相手のミスに拍手喝采するなんて普通だと思っていた。

ところが、先日、シュレ猫文章倶楽部で酒を呑んでいたら、マル太さんが茂木と同じようなことを言っていて驚いた。

うーん、ありえないとばかり思っていたが、もしかしたら、アリなのか?

つまり、オレのようなタイプは、(昨夜逮捕された虎ファンに近く)一人称で感情移入して野球を観ているのに対して、茂木やマル太さんは、三人称で観戦しているんだな。
一人称の人間には、三人称で野球を観る、ということ自体が信じられないが、もしかしたら、「好き」にもいろいろあるのかもしれない。
それでも、「熱狂的なファン」ということと「三人称」ということが両立するかどうか微妙だと思うなぁ。

***

誰か一人の人間だけを熱愛することと、数名の人を熱愛することと、人類全体を熱愛することが、すべて同じように可能なのだろうか・・・そう考えてみれば、たしかに、偉大な宗教者のような人もいるよな。

うーん、つまり、オレは、広く愛情を注げないタイプにすぎないのか。

だからオレの作品は一般受けしないのかもしれないな。
うーむ。

|

« 牙 | トップページ | 時事雑感2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/6183024

この記事へのトラックバック一覧です: 時事雑感1:

« 牙 | トップページ | 時事雑感2 »