« 本の話 | トップページ | 小6ですか »

ダンディ少佐はゆく

あー、疲れた。

真夜中の原稿書きも楽じゃないよ。なにしろ昼は京急の高架が断末魔の悲鳴をあげているんだからな。(それなら夜じゃなくて昼間、仕事すりゃあいいじゃねえか・・・ま、そうだが)

隊の見回りにゆくとするか。

***

「軍曹、なんだ、その態度は」(少佐)
「・・・」(軍曹)
「上官にしっぽで敬礼もせず、寝そべったままとは言語道断。懲戒処分じゃ」

数秒後、軍曹は必死になって背中を舐めている。
少佐はふたたび見回りを始める。

「伍長、ちゃんと見張っておるか?」(少佐)
「・・・」(伍長)
「伍長、貴様も居眠りしておったのか。勤務怠慢である。懲戒処分じゃ」

数秒後、伍長も必死になって背中を舐め始めた。
少佐は軍の規律を保たねばならぬ。
それが隊をあずかる者の責任である。

「また、夜中に何してるの」(K妻)
「いや、猫が職務怠慢だから」(オレ)
「またおでこの油つけて廻ってたの? いい加減にしなさいよ。猫だって大変でしょう」
「喜んでるからいいじゃないか」
「あたしには迷惑がって、きれいにしているようにしか見えないけれど」
「いや、飼い主を味わっておるのだ」

K妻とオレとでは解釈がくいちがうが、もちろん、オレのほうが正しい。
なにしろ、オレはダンディ少佐なのだから。

(http://www.sonypictures.jp/archive/cinemaparadise/50/1.html)←見ないほうがいいと思う

|

« 本の話 | トップページ | 小6ですか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/5951660

この記事へのトラックバック一覧です: ダンディ少佐はゆく:

« 本の話 | トップページ | 小6ですか »