« 心の忘れ物 | トップページ | ダンディ少佐はゆく »

本の話

愛読書を順次載せてゆくつもり。
竹内版「オレはこんな本を読んできた。文句あっか」てな感じだ。

ウィトゲンシュタインは哲学をやった人でないと難しいはず。入門には、

「言語ゲーム一元論―後期ウィトゲンシュタインの帰結」黒崎宏(勁草書房)

をオススメする。かなりわかりやすく、短時間でウィトゲンシュタインの思想の本質に迫ることができるだろう。

カポーティのものは原書で読むのも一つの手だと思う。
特に幻想的な短編集が秀逸。
以前、河出から英語と日本語の混ざった朗読テープが出ていて驚いた憶えがある。あれは凄くよかったけれど、一般ウケしなかったんだろうねぇ。

|

« 心の忘れ物 | トップページ | ダンディ少佐はゆく »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/5943031

この記事へのトラックバック一覧です: 本の話:

« 心の忘れ物 | トップページ | ダンディ少佐はゆく »