« 缶詰中 | トップページ | 真夜中のお仕事 »

初心者のための用語講座

日記も一新したことだし、新たに訪れてくれる読者もいるかもしれないので、この日記(およびwww.kaoru.toの掲示板)にでてくる「符牒」を少し解説しておく。(アマサイでピグモンさんがやっていたのを真似するのだ)

・K妻=竹内薫のK(「ケイ」)妻。Kはソクラテスから類推されたし。料理研究家・スポーツインストラクター。

・グリペン氏=竹内薫オフィサルサイト管理人。グリペンはスェーデンの戦闘機の名前らしい。竹内薫が大学で教えていたときの教え子。以来、ボランティアでサイト運営一切を担当してくれている。右腕。

・猫神家=鎌倉にある竹内実家のこと。内猫3匹のほかに外猫が無数にいることから。

・隊長=猫神隊長は竹内実父。山の猫どもを率いていることから。酒豪。毒舌と放言が特徴。日本最古の柔術「竹内流」の伝承者だが、駅や雑踏で喧嘩につかって、相手に危害を加えることから破門。すでに齢70を過ぎたが、中年の酔っ払いを平気で「倒す」。警察がくると、「わしゃ、とうに70を過ぎた老人ですわい。こんな若い人相手に喧嘩で勝てると思いますかぁ?」と、地べたに転がった被害者を前にしらを切る。(実話)

・軍曹=横浜にいる猫。本名ナナ。冬、セブンイレブンの隣で震えていたのをK妻が拾ってきた。当初は大人しくしていたが、次第に傍若無人なふるまいが目につくようになり、とうとう「鬼軍曹」の異名をとるようになった。竹内薫が疲れて寝ていると、平気で顔の上を歩いてゆく。

・少佐=オレのこと。映画「ダンディ少佐」から。どうしようもないくせに威張っている上司という意味。

・伍長=横浜にいる猫の虎太郎。年長で前からウチにいるくせに、新参者のナナの支配下におかれてしまったため「伍長」の階級が与えられた。

・エルヴィン=鎌倉実家の屋根から落ちてきて、それ以来、居ついてしまった猫。量子物理学者のエルヴィン・シュレディンガーから。(「シュレディンガーの猫」とは量子猫のことである。)神出鬼没。

・カロア=竹内薫の愛猫。15歳。御長寿猫として鎌倉市から表彰された。

・チビル=同じく鎌倉の猫。性格が悪いので「デビルマン」の別名ももつ。

・周三郎=竹内薫妹。サイトにある「竹内さなみ」は周三郎のことである。翻訳業。

(続く・・・かもしれない)

|

« 缶詰中 | トップページ | 真夜中のお仕事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136278/5927899

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者のための用語講座:

« 缶詰中 | トップページ | 真夜中のお仕事 »